ヨーロッパ産キャットフード

ペットフードの安全性に厳しい規制を設けているのがヨーロッパです。EU加盟国共通で適用される食品法があり、その中で「食品法は、適切な場合において動物の健康と福祉、食物の健康及び環境を考慮しつつ、人の生命と健康の高いレベルでの保護及び公正な食品の取引を含む消費者の利益の保護という一般目的を追求しなければならない(欧州食品安全庁・食品法第5条第1項)」とペットフードの安全性にも言及しています。さらに、ペットフード業界でも独自の基準を設定しています。

欧州ペットフード工業連合会(FEDIAF)

欧州ペットフード工業連合会(FEDIAF)は、100年以上の歴史を誇り、ペットフードの安全性を確保するために厳しい規定を定めています。業者に対して情報を提供し、安全性の検査なども定期的におこなっています。このような理由で、ヨーロッパ産のキャットフードは安全と言われているのです。さらに各国独自の考えもペットフードの品質に反映されています。

「ヒューマングレード」のドイツ産

ペットが幸せに暮らせる国として有名なのがドイツです。動物愛護だけでなくペットフードにも厳しい基準が定められています。ドイツでは、ペットフードは人が食べられるもの(ヒューマングレード)以外は禁止されています。材料の分からない「○○ミート」などの原材料は使用できません。

無添加が主流のイギリス産

イギリスは、「動物虐待防止法」が世界で初めて制定された国です。動物に対する愛護精神が強く、キャットフードに関しても安全性に対する意識が高くなっています。危険な添加物の無い無添加のキャットフードが主流になっているのです。

自然派農法のフランス産

ペットの飼育数がヨーロッパで一番多いのがフランスです。家族の一員として大切に飼われ、食事に対する意識も高くなっています。有機栽培や有機農産物などの自然派農法の食品が人気なことから、キャットフードに対しても無添加なものが多くなっています。

安心安全なヨーロッパ産キャットフード

日本においてもヨーロッパ産のキャットフードが人気になっています。愛猫の健康維持のために安心安全なヨーロッパ産のキャットフードを選ぶのも良いですね。

© 2018