食いつきの良いキャットフードはどの味か

愛猫には好きなキャットフードをあげたいと思うのは飼い主なら当然のことです。しかし、好きなものだけを与えていると、わがままになってしまいます。まずは、猫の特徴をきちんと理解して愛猫の健康のために良いキャットフードを選ぶことが大切です。

では、猫が食いつきの良い味のキャットフードとはどんなものなのでしょうか?

猫は人と比べて「味蕾」の数が約10分の1と少なくなっています。甘さはほとんど感じません。「塩味」「酸味」「苦味」しか感じないのです。特に酸味に対しては敏感で、塩味には鈍感です。

猫が美味しいと感じるのは、味覚よりも嗅覚です。猫にとっては「匂い」がもっとも重要な要素なのです。そのためキャットフードには、猫の食いつきを良くするために様々な匂いをつけています。

もうひとつが、「食感」です。水分の多いウェットキャットフードの食いつきが良いのは、生肉の食感に似ているからです。つまり、匂いがあって食感のあるキャットフードは、猫の「ご馳走」なのです。

しかし、注意したいのはウェットタイプのキャットフードは、「一般食」のものがほとんどです。つまり、「総合栄養食」のように栄養のバランスが考慮されていません。ウェットキャットフードだけを食べているとカロリーオーバーで肥満になるリスクが高くなります。

愛猫の健康のことを考えるとドライキャットフードのような総合栄養食をメインにすることが大切です。時々ウェットフードを与えるぐらいが良いでしょう。

猫はわがままですから、美味しいもの以外は食べなくなります。この場合は、食べるまで他のキャットフードは与えないことです。食べなければ30分ぐらいでお皿を片づけます。1日時間を決めて2~3回同じキャットフードを出すようにします。それでも食べない場合は、食いつきの良いキャットフードを混ぜて与えるようにします。

市販のキャットフードには猫の食いつきを良くするために体に悪い香料などが使われているものがあるので、注意が必要です。

© 2018