中国産キャットフード

今の日本では「中国産」や「中国製」の商品が数多くあります。この傾向は日本だけではありません。世界中で中国の商品が販売され、中国抜きでは経済が成り立たないという状況にあります。家電製品などは技術力も上がり、世界的にも評価は高くなっています。しかし、食品に関しては信頼性は高いとは言えません。

日本では、中国産の「毒入り冷凍餃子」を食べた人に健康被害が多発した事件がありました。また、マクドナルド中国工場での信じられないほどの劣悪な衛生状態も話題になりました。

ペットフードの安全を守るために施行された「ペットフード安全法」も、2007年にアメリカで中国産ペットフードを食べた犬や猫が大量死した事件がキッカケでした。ペットフードの中に有害な「メラミン」という物質が含まれていたのです。アメリカではリコールされた商品でしたが、その一部が東北のホームセンターで販売されていることが発覚しましたが、幸いペットに被害はでませんでした。しかし、一歩間違えれば日本でもペットに大きな被害がでた可能性は否めません。

格安キャットフードの中には、中国産のものがあります。安いからという理由だけで飛びつくのは危険です。ペットフード安全法では安全基準が決められていますが、欧米に比べつとまだまだ未熟で、危険性のある添加物なども許可されています。また、原材料に含まれる肉なども粗悪なものが使われている可能性があります。

国産品でも材料を中国から輸入している場合もあります。最終的に商品として加工すれば国産として表示できますので、国産品で格安なものには注意が必要です。

アメリカでは、食品に中国産の原材料や農産物を一切使用しない「チャイナーフリー」の運動が始まり、ペットフードにもチャイナフリーのシールを貼るメーカーが少なくありません。日本でもチャイナフリーを表示しているキャットフードも出てきています。

日本国内では、まだまだ難しいのが現状ですが、中国の愛猫家は中国産ではなく日本産のキャットフードを購入する人が多いようです。そんな信頼性の無い中国産のキャットフードを日本人が買うのは疑問ですね。

愛猫の健康のことを考えると、中国産のキャットフードはオススメできません。

© 2018