キャットフードの味(ビーフ・ラム)

肉食の猫にとって、動物性タンパク質はもっとも重要な栄養素です。キャットフードの原材料でも、チキンやビーフ、魚などをメインにしたものが多くなっています。

ビーフ(牛肉)で思い浮かべるのが、BSE(牛海綿状脳症)です。猫に関しては、英国では猫海綿状脳症(FSE)というBSEに似た病気の発症が報告されています。しかし、日本ではBSE特別措置法により全ての牛のBSE検査が実施され、特定危険部位(脳、脊髄、眼、回腸遠位部)は焼却処分されています。また、BSEが発症した海外からの牛肉の輸入は禁止されています。さらに、ペットフード工業会に所属するメーカーに関しては、製造工程など厳しい検査がおこなわれているので、安心です。

ビーフには、アミノ酸やリノール酸、アラキドン酸などの体内で合成できない大切な栄養素がたくさん含まれています。さらに、ビタミンAやビタミンB1、ビタミンB2なども一緒に摂取できます。肉の感覚がしっかりと残っているので、愛猫の食いつきもよくなります。

但し、ビーフが原材料のキャットフードは、他の肉を原材料にしたものよりもカロリーが高めになっています。肥満が気になるネコちゃんには、与えすぎに注意が必要です。

ビーフと同様にネコちゃんの食いつきが良いのが「ラム肉」です。ラム肉は子羊の肉で、独特の臭いが愛猫の食欲を刺激します。ラム肉には、脂肪や糖質をエネルギーに変える「カルニチン」やコレステロールの抑制効果がある不飽和脂肪酸が多く含まれ、さらにビタミンBや鉄分も多く栄養価も高くなっています。また、アレルギーが少ないので、療法食としても使われています。チキンやターキーなどでもアレルギーが出るネコちゃんは、ラム肉の療法食を試してみると良いかもしれません。

高タンパクで低コレステロールなラム肉は、健康的に減量できるダイエットフードとしても人気があります。但し、価格は少し高めなのがデメリットと言えるでしょう。

肉メインのキャットフードにも、それぞれの特徴があります。その違いを知り愛猫に合ったキャットフードを選んで下さい。

© 2018