アメリカ産キャットフード

ペット大国とも言われるアメリカは、ペットフードに関しても厳しい基準が設定されています。日本の「ペットフード安全法」もアメリカのAAFCO(アメリカ飼料検察官協会)の基準を参考にしています。

AAFCOの基準

AAFCOは1900年代初頭に設立されました。ペットフードの栄養素などの基準や表示方法などを設定しています。AAFCOでは、「妊娠出産期」「成長期」「成犬猫用」のステージごとに栄養の基準を満たしているかチェックしています。この基準を満たしていれば、「AAFCOの基準をクリア」というお墨付きがもらえます。しかし、AAFCOの基準をクリアしていれば安全かというとやや疑問が残ります。それは、過去にアメリカで起きた悲惨な事件があったからです。

メラミン混入事件

2007年にアメリカ国内のペットフードメーカーのペットフードを食べたペットが大量死する事件が起こりました。原因は中国から輸入した原材料に有毒の「メラミン」や「シアヌル酸」が含まれていたことです。死亡した約8500匹のペットの中で、約1950匹が猫だったのです。この事件によりAAFCOの盲点が明らかになりました。つまりAAFCOの基準では原材料に含まれる添加物をチェックできなかったのです。

より安全性を高めるために

この事件以来、アメリカのペットフードの安全性に対する意識がより強くなりました。ペットフードに異物や有害な物質が混入していないかのチェックをFDA(食品医薬局)がおこなっています。また、メーカー側も大量のリコールがおきないよう、自主的に基準を厳しくし、ペットフードの安全性を保っています。

AAFCOの表示に注意

AAFCOの基準を満たしていれば、「AAFCOの基準をクリア」と表示することができますが、キャットフードの中には、「AAFCOの基準を合格」や「AAFCO認定」など記載されているものがあります。これは、完全に不当表示です。このようなキャットフードは避けた方が良いですね。アメリカ産のペットフードを購入する場合には、内容をきちんとチェックしてから購入するようにしましょう。

© 2018